あなたへの手紙・日向真理愛

未完成の人生を生きる私が「あなたに会えてよかった。」そう手紙を書きます。

あなたへの手紙・眠れない夜

ひつじ

お風呂にも早く入って  部屋の電気を消して

真っ暗な中  布団に横になって目を閉じます。

 

🐑羊の数を数える代わりに

終わった一日のいろいろなことを考えて

思い浮かんだ人に

「ありがとうございます」

そう伝えたり

「遠くから幸せをお祈りします」

と言ってみたりします。

 

それでも  こんな夜には  眠りに落ちていかれずに

起き上がって  湯冷ましを飲んで。

・・・こんな日もあるのだと思います。

 

眠れない日は仕方がない。

少し本を読んだりして過ごします。

 

さて、もう一度トライしてみよう🎵

真っ暗な部屋で横になって目を閉じます。

外は薄明かるくなってきて 

明け方の鳥たちの声が賑やかに響き出します。

まるで朝になったことを知らせるみたいに。

 

そうか…。朝か…。

約束があるから眠らずに起きてしまうことも。

一晩眠りにつけなくても 

きっと昼間眠くなるだけで

命に別状はありません。

私のように一晩だけなら大丈夫。

 

幾晩も続いて眠れぬ夜を過ごす人は

身も心も疲れ果てて大変です。

 

あなたは大丈夫ですか?

 

お医者様に受診するのも選択肢の一つだけど

 

お日様に当たること

自分の気持ちをノートに綴ること

外を歩くこと(なかなか難しい)

お風呂の時にゆっくりお湯に浸かること

体を冷やさないように温かいものを食すこと

好きなことをする時間だと思うこと

etc.

そうやって  できることを少しだけやって

体を元気にする方法を試すのも良いかもしれない。

 

おばあちゃんの知恵袋なんて

流行ったことがあったけど

困ったときには  知っている誰かと出逢って

知らなかった方法や知恵を知らされて

元気になれたら素敵✨✨です。

 

お薬よりも良く効く手当ては

人のぬくもりのような気がします。

勿論自分を頼るのも自分を信じるのも

大切なことだけど  時には他人に触れて

幸せを分かち合ってみるのも

素敵✨✨です。

 

一人で困っていると 

出口の灯りが見えないこともありますから

『眠れないんだ』と言えるうちに

誰かと話して 

自分に会ったものを見つけて

自分の気持ちに気付いてください。 

 

生きていて触れるものの全てに

答えが隠れているみたいな気がします。

 

私は一人で考えるのも好きだから

人に答えを示されると

初めは理解できずに抵抗していました。

 

今は軽い気持ちと軽い場面で

話したり  話されたりしています。

 

それは『眠れなかったのだよねぇ~💦。』くらい

そして『そうなんだ。』 

と言い合えたら素敵✨✨です。

 

眠れない夜が教えてくれる

今日あった出来事

そして思い浮かぶ感謝する人の顔。

 

次の日は少し体がキツイけど

その次の夜は眠れるように祈ります。

あなたの眠りが健やかでありますように。

mary

 

 

あなたへの手紙・幸せの青い鳥

遠くに響く小鳥たちの鳴き声。

若葉に色づくあの木陰から聞こえたり

それとも川岸から聞こえてきたり…。

姿の見えない鳥たちは 

どんな色をしているのでしょう。

メーテルリンクの書いたお話しみたいに

青い色をしているかしら。

 

 

青い鳥

青い鳥(幸せ)を探しに旅に出た

チルチルとミチルの兄妹。

旅をしながら結局、最後に青い鳥(幸せ)は

home(ここ)に居たのだと気付くお話しです。

 

 

日常の当たり前の暮らしが

どんな風に形創られた世界なのかを知るために 

一歩外に踏み出して

外側から見る目を持つのは大切なこと。

 

ましてやその日常に散りばめられた

幸せの小さな欠片を見えるようになるのには

遠く離れた場所に行ってみて

そこから振り返るのも一つの方法だと思うのです。 

 

・・・・・・・o(T□T)o・・・・・・・・

 

今いる世界の中に不満や苦痛を感じるなら

それを愚痴や誰かへの意見として

言葉にして  投げ掛けてしまう前に

ほんの少し  自分の心の中に

真っ白になれる空間を創りだせたら

世界はきっと違う方向に回転し始めるのです。 

 

安全で一人になれる空間。

思い浮かびますか?

怒りや哀しみ  苦しみといった感情は

大切なサインです。

真っ白になった心の場所が

そのサインの色を見せてくれるはずです。

 

その時その瞬間でないと分からない

大切なサインです。

 

今いる場所に頭の先から爪の先まで浸かっていたら

サインの意味を見落としてしまいます。

 

 

今に満足できないのは…何故?

自分の心が欲するものがないから…?

それは何?どこに有るの?

 

今に痛みを感じるのは…何故?

そこにある刃にわざわざ当たりに行くから?

刃を向けているのは誰?本当に痛いの?

 

自分自身が持っているものと

持ってはないもの

ハッキリと区別して持ち物をチェックします。

そして要らないものを処分して

身軽になって出掛けます。

 

それから次に見つけるのは

明日なりたい自分の姿。

未来にある自分に必要なものを探すのです。

 

全てをそのまま

真実として見ようとするだけで

小さな奇跡✨✨✨の扉が開きます。

 

チルチルとミチルのように

旅に出てみるのも素敵✨✨です。

 

違った場所に佇んで 

まだ見たことのない世界と

初めて見つけた生き物や 

知らなかった色の空を見て

名も知らぬ草や木の景色に出逢う

そんな経験をしてみたら素敵✨✨です。

 

そうしたら

当たり前に咲く庭のタンポポの花の愛しさを

教えてくれるかもしれないのです。

あ~。こんなにも此処は美しかった。

こんなにも尊いものだった。

そう気付けるようになるかもしれません。

 

でも、もしかしたら  青い鳥は

もうhomeにはいないかも知れない。

 

それも素敵✨✨。 

それはその時に考えることにして

心配はしないでいます。

 

ただ感じてみるのです。

 

それは、

目には見えない大切なこと。

 

探しものはわ・た・し・の青い鳥(幸せ)。

遠くの憧れや夢の中には見つかりません。 

 

そして

このところ習慣になった  私の秘密

一日の中で何回となく繰り返す

大切な言霊。

 

『幸せはどこに…?』

『私の内に( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆』

 

そう自問自答するのです。

まるで念仏や呪文のように…。

心の中にある真っ白な場所《平安》に

直ぐに辿り着けるおまじない。

そして

私の中にある…幸せ  から始まる一日は

ちょっと清々しいものになりました。

 

・・・・・・・・***・・・・・・・・・ 

 

時が経ち  私の青い鳥にめぐり会ったら

籠の中に捕らえるのでなく

自由に空を羽ばたいていて欲しいと思います。

見えなくてもいつも側に感じている

大空のどこかに必ず存在すると信じられる

私になれたら素敵✨✨です。

 

旅に出る  それだけではない

お風呂の時間

食事の時間

通勤や通学の乗り物で

集中して

大好きな場所を思い描いたら

それは  青い鳥を探しに行く始まりです。

 

あなたが見つける青い鳥

今見えなくても  必ず居ると思います。

幸せは・・・あなたの内にあるのです。

mary

あなたへの手紙・叶うこと

会えるということ

水に浮かんで居る時のように 

心も身体も力を抜いて  漂うみたいに

そのままゆったりして居ると

周りの世界が変わっていきます。 

 

時宜に叶ったこと(必然)が

始まっていくような気がします。

そう感じることが増えていきます。

 

例えば、会えるということは

今まで会ったことのある人や

初対面の人とでも

ふとした瞬間のきっかけで

会える人に再び出逢えるのだと感じます。

 

トラブルがあって安否の確認の電話から

会う約束をして食事をしたり

 

何となく気になって『元気ですか』と

メールを送って…。

会う約束をすることになったり

 

取れなかった電話のベルが気になって

折り返し電話をして翌週ランチに出掛けたり

 

みんな不思議なくらい簡単に予定が合って

そして  会える時にはやっぱり会えるのだと

思うようなことがおこるのです。

 

それは何となく  けれど確実に。

 

そうだとしたら 

私は会いたい人に会いたいです。

自分に好意的な人

親しみを感じる人

誠実な人

正直な人

etc.

だから会いたいと思い続けることが

大事です。

 

ところが  思っていても

いつでも会える訳ではありません。

家人が具合が悪い時

哀しみの時

優先順位が低い時

会いたくない時

etc.

相手に都合があるのなら

私がいつでも会えるように

準備をしていられたら

最高だと思うようになりました。

 

準備:それは  生きていること。

いつでも会いに行くと決められること。

 

特別なことは何一つ要りません。

 

チャンスは  たった一度だと思うこと。

同じことは起こらない…。

二度続く同じくチャンスは起こらないのです。

 

過去に戻ってやり直すことができないように

その瞬間に起こるチャンスは一度だけ

何度も繰り返されることはないのです。

 

『今』『会いたい』と思う『人』に

私は会いに行ってみます。

 

それでも  すれ違ってしまったら…。

仕方がないと思いながら考えます。

そこには必ず意味が有る…と思うから。

今ではない?

その人ではない?

その場所でない?

時宜に叶う時

ではないのかもしれないと考えます。

 

そうして何度かチャレンジして

試す間にハッキリと答えは見つかって

次の場所へと導かれて行くのです。

 

誰かに誘われて声をかけられたなら

取り敢えず「YES」と言って

一度は約束してみます。

(勿論用心しながら時と場合、相手を見て)

 

そして一緒に出かけてみたくなったら

「どうします?」そう言って誘ってみます。

例え「NO」と言う答えが返ってきても

ショックを感じて撃沈したりしないのです。

きっと今ではない…。

違うチャンスを掴むために

出た答えだと思います。

 

だから次のチャンスの来た時は

困らない準備をしていようと

できるだけありのままいるのです。

 

きっと、この手紙が届く人は知っている?

気付いていると思います。

それでも今  必要なことだから

チャンスが来たら  手を伸ばしてみてください。

 

心と身体の力を抜いて 

水に浮かんでいる時みたいに

ゆったりと漂っている感じ…。

思い出してみてください。

プールや海に浮かんだ日のこと。

 

要らない力に捕らわれなくなった時

小さな奇跡✨✨✨が始まります。

 

めぐり会える悦びは最高のプレゼントです。

たった一度のチャンスが

向こうからやって来たなら

迷わずに  差し出された手を握り返して。

その人に会えたから始まる世界が

広がり始めるのを恐れないこと。

 

妄想💦?も空想💨?も意外に力を発揮して

テレパシーが誰かに届いていたりします。

明日は誰に会えるのでしょう。

 

あなたがめぐり会える人のこと

見過ごさないでいてください。

あなたが幸せでありますように

私は此処から祈っています。

mary

あなたへの手紙・御社

 

古に触れて

いつか

左甚五郎が遺したと伝えられている

青い龍に出逢いました。

あまりに活き活きして見えました。

彫り物の龍なのに動き出してしまう程…。

らしいのです。

青   金  銀 etc.に輝いて

まるで空を泳いでいるようです。

『動き出すのも仕方がない。』

と言う訳にはいかないらしく

繋がれてしまったそうです。

理書きの立て札の能書きが語っています。

私の妄想💦?空想💨?も膨らみます。 f(^^;

 

魂の吹き込まれたものたちも

始まりは只の物だったのかもしれません。

けれど作るもの   側にあるものの力を借りて

命を得るのかもしれません。

 

そう言えば…。  

筑波の人が石から彫り出す  あのフクロウも

いつか動き出すかもしれない・・・。

なんて  思い出します。

 

古の人の創るもの

命に触れたような気がして

心浮き立つようでした。

 

**********************

 おつかい

神様にお仕えするもののことを眷属と

呼ぶのだそうです。

鳩、烏、狐、牛、狼、犬、猿、鹿etc.

または古木に宿る精霊など

皆  神様にお仕えしているそうなのです。

 

そうして周りを眺めて観ると

動物も植物も大地も

全てのものに命が宿り 

全ては繋がって見えてきます。

妄想💦?も空想💨?も大きく広がっていきます。

 

 社の四方

さて、先ほどの御社の側面へ回ると 

そこでは三猿が迎えてくれました。

日光東照宮の三猿とは様子の違う

こちらでは《お元気三猿》と言うことです。

よく見て  よく聞き  よく話す…猿でした。

 

そのまま建物に沿って真後ろへ回ると

知恵を授けてくれる北辰の梟が一羽。

体は南のお社に向きながら

頭を真後ろの北に向けています。

小さくて周りの色に馴染んでいるので

良く見ないと見つかりません。

本殿の裏側にあたる場所は  梟に守られて

空気が少し張り詰めて  しんとしていました。

 

反対の側面に回ってみると

先ほどの青い龍。

 

そして本殿正面の壁面には

大きな寅と小さな寅が

左右の壁に彫られています。

 

見た人が親子の寅だと直ぐ解ります。

 

《親の心得》

赤子には肌を離すな  幼児には手を離すな

子供には眼を離すな  若者には心を離すな

…そう添え書きに書いてあります。

 

寅の年、寅の日、寅の刻に生まれた

徳川家康公に因んで

寅が数多く彫られていると言うことです。

 

お社の壁に施された彫刻は

思いを込められた生き物たち。

形を通して現在に届く  手紙のようなものだと

ふと、思います。

お参りする人が絶え間なく行き交って

それぞれが受け取っているような気がします。

 

埼玉県秩父市で出逢った小さな奇跡✨✨✨。

 

物も  人も  場所も

感じ取ったら

思った以上に面白いことに繋がっています。

 

その時の中に  起こり始める小さな奇跡✨✨✨

遠くに小鳥の鳴き声が聞こえたら

小さな奇跡✨✨✨の始まりかもしれません。

 

あなたにのもとへ届きますように。

 mary

あなたへの手紙・鏡

 

かがみの力

「鏡みよ鏡、鏡さん。そっと会わせてくださいな。

    みんなに会わせてくださいな。」

これは小さな頃に見た  テレビ番組の中で

歌のお姉さんが言ったせりふ。

・・・「〇〇ちゃん〇〇くん良い子に

               しているかな・・・」と、続くのですが

本当に見えているかもしれないと

自分の名前を呼ばれたらどうしよう…。

そんなことを思って見ていたような気がします。

何十年も経っているのに  こうして

まだ記憶の片隅に残っているなんて…。

 

あんなに昔 

鏡には   自分の姿を写すだけではない

魔法のような力があるのだと

子供に向けて伝える大人がいたことに

今更ながら驚きます。

 

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・

 

白雪姫 

そう言えば  白雪姫のお話にも

継母が持っている魔法の鏡が登場します。

女王様の継母が鏡に向かって

「鏡よ鏡。世界で一番美しいのはだ~れ?」

と呼び掛けます。鏡は

「女王様。世界中のだれよりも

                           あなたが一番美しい。」

そう答えるのです。

 

そのうちに月日が流れて  魔法の鏡が

「白雪姫が世界で一番美しい。」

そう言い出したから  さあ大変…。(>_<)

お姫様は継母に命を狙われてしまいます。

(継母の心の叫びが鏡から聞こえる?

そんな怖~いお話なのです。)

狩人に命を救われて  森の奥の小さなお家へ

逃げこんだ白雪姫は  七人の小人に助けられます。

 

白雪姫の無事を継母に知らせたのも

魔法の鏡だったのです。

『白雪姫が美しい』

そう言って白雪姫の元気な姿を写し出します。

魔法で老婆に化けた継母から

信用して毒のリンゴを受け取って

白雪姫が一口食べた瞬間 

深い眠りに落ちてしまいます。

 

哀しみに沈む小人たち…。

そこに素敵な王子様が現れて助けられ 

めでたしめでたし。と言う有名な物語。

 

鏡は遠くに居る筈の白雪姫を写し出したり

誰が世界一美しいのかを答えたり

写すのは目の前のものだけでは

ありませんでした。

 

・・・・・・・・・🍎・・・・・・・・・

 

現実とは逆さまの世界で…。

毎日当たり前に覗いている  普通の鏡

鏡の世界では

現実の世界が逆さまになります。

顔の右頬にあるほくろは

鏡の中に写る顔の左頬に有るのです。

 

そんな時…妄想💦?空想💨?が頭を持ち上げます。

 

見える世界は目の中のレンズに写って

反転していたりしないでしょうか???

思いを反映して 

形を変えてはいないでしょうか??

 

昔見たテレビ番組のお姉さんの持っていた鏡

白雪姫に出てきた魔法の鏡は

本当に有るかもしれないなんて思ったりして…。

 

例えば鏡に写し出すものが現実とは反対の

不思議の国への入り口だったら

なんだかワクワクしてきませんか?

 

それとも 

見えるものを本当に見ているのか…。と

少しだけ怖くなりますか?

 

鏡に写るもの

それは似ているようで反対のもの。

目に写るのは

この世界のほんの一部だけなのだと…

覚えていようと思います。

 

あなたは鏡の中に何を見ますか?

 

私は白雪姫の継母のように

一番 美しい人を探すより

素敵✨✨な友人がいたらいいと思います。

 

かがみからがをとったらかみになる

そう教えてくれた人がいました。

何故か今  鏡がとても気になって…。

 

幸せな笑顔が鏡に写りますように

遠くからお祈りします。

mary

あなたへの手紙・祭り囃子

太鼓の音色

朝方まで降った雨が空気を湿らせて

遠くの方で祭り囃子の太鼓の音が響きます。

「あっお祭り…。」川向こうの春祭りです。

 

神様への畏敬の念や感謝の念を表す為に 

人が祭りを行って  賑やかで明るい歓喜

神様に捧げます。

 

笛を吹き鳴らし  太鼓や鐘を打ち鳴らし

心も体も踊りだすようで

お祭りも囃子も大好きでした。

 

人が大勢集うお祭りは 

それそのものが神様への捧げ物らしいのです。

音の中に  空気の中に  人々の中に

神様が宿るような気がします。

 

**********************

 

この何年かの間 

それすら忘れて過ごしていました。

お祭りは素直になってそこにいないと

楽しい気持ちになることはできません。 

その瞬間に真っ白な気持ちでいるだけのこと

なのに難しくなっていたのです。

我ながら  ため息がでちゃう…。

それほど暗い心を抱えていました。

 

今はその時間を振り返って

少しだけ回り道だった。かも?と思って

帰ってきたような感じ…?。

と確認するような感じです。

でも・・・それとも違う

全く異なった感覚を味わうような

小さな奇跡✨✨✨を味わっているのです。

 

それまでの自分が何者であって

過去に何があったとしても

祭りのその時その場所に在ることを

許せるようになったのかもしれません。

 

囃子や賑わいに身を任せるだけでいいことを

思い出したのかもしれません。

 

楽しみや喜ぶことに専念すればいい筈なのに

なろうと思うとできなかった過去の形が

知らないうちに変わっていきます。

 

遠くの祭り囃子を聞きながら

もう難儀な私はいませんでした。

時間が経ったことを確認するように

違う自分になっていることを感じています。

 

こんな時「ヤッタネ❗」と一人言を呟きます。

心の中で飛び上がって喜びます。

生きてきたから分かることです。

 

変わって行く自分 

新しい自分の始まりを感じられる日がくるなんて

奇跡✨✨✨です。

 

あんなに自分を責めていた日々のこと。

無くしたものを見るようだった日々のこと。

それがお祭りの景色や音と重なって

そこにいるのが痛みになっていたことが

嘘のように消えていきます。

 

辛かった日のことが

聞こえてくる太鼓のように遠くの空に感じます。

ついこの間のことなのに

懐かしく感じられているのです。

 

お祭りは神様とより近しくなればいい。

戻らない過去の痛みとすり替えて

お祭りを遠ざけるしかなかったけれど

遠くに聞こえる祭り囃子は

柔かく私の心に響きます。

 

もうすぐ地元もお祭りです。

楽しめる私になって

笑ってそこに在ることが

見守って下さる神様に

私ができる細やかなこと。

…なのかもしれません。

 

あなたの街の春祭り

お囃子が響きますか?

風に乗ってあなたの耳に届いたら

『嬉しい』の始まりになるかもしれません。

 

mary

 

あなたへの手紙・感情を伝えくるもの

誰の感情?

~涙が訳もなく零れて感情が溢れ出す時~

 『・・・?』

自分の置かれた状況で感じる筈の無いような

強い感情に突き動かされて溢れる涙。

ふと…我にかえって

それほど『此処に居たかったのだ』と

知らされます。

 

生きていることを  『 大切に想わなければ』

そう思う瞬間です。

生きている私が惜しむ以上に 

逝ってしまったその人の無念は計り知れないと

そう思い知らされるのです。

 

その感情を味わって

ただ受けとる…。

それだけが大切。

思い過ごしだと思わずに

大切にすること。

 

・・・・・・・・・・🍀・・・・・・・・・

感じること 

生きているから肉体を持っていて

できることがあるのだと

知るようになりました。

 

嬉しい

楽しい

悲しい

苦しい

etc.

感じると言うことの全てが

生きているからできること。

当たり前だけど

忘れがちなこと。

 

例えば

食事をして

美味しいと感じること。

それは生きているということ。

 

お茶を飲んで  熱い❗と感じること。

それも  生きていること。

 

扉を閉めるとき  うっかり指を挟んで

『痛い。』と感じるのは

やっぱり生きていること。

 

友人から元気でいるとメールが届いて

『嬉しい』と感じるのは

生きていること。

 

それは大切なこと。

 

私にできる確かなこと。

そう思って…。妄想💦?空想💨?を感じます。

 

~~~~~~~~~~🌊~~~~~~~~~~

 
教えてくれていること

感情が沸き上がること  ありませんか?

私はよくあります。

 

トゲトゲした気持ちや暖かい気持ち。

自然に涙が零れるような悲しみや

笑いだしたくなるような喜び。

不思議に湧き上がってくるのです。

 

それが後になって何か分かることがあります。

『なるほど』と思うことに繋がることもあります。

分からないままのことも沢山ありますが 

時にはその感情に守られたりすることも…。

後から気付きます。

 

嫌な思いをしてその場所から離れたから

大きな負債を抱えずに済んだこと。

いつも後から気付くのですが

守られていたのだと思うのです。

 

そんな風に感情を見ていくと

みんな意味を持って生まれてきているのだと

驚きます。

 

あなたの今の感情は 

どこから来ているものですか?

もし、今  心がザワザワしていても

いつかウキウキするような楽しいことに

繋がっていきますように。

 

感じることは生きること。

生きているから感じられる。

そこには守ってくれる力が働いて

小さな奇跡✨✨✨が始まります。

 

 

♪若葉の季節になりました。

今日もあなたが幸せでありますように。

mary