あなたへの手紙・日向真理愛

未完成の人生を生きる私が「あなたに会えてよかった。」そう手紙を書きます。

あなたへの手紙✨可能性


f:id:hinatamary1113:20200228114354j:image

 

季節の報せ

春になったからと言って

全ての生き物が蘇る訳ではありません

 

多くの生き物が動き出し 

力を増していくように見えますが

《その時》は各々生き物に依って違います

 

今  花の咲く時期や  実のなる時期が

都合よく人の手に依って変えられて

本当の《その時》を捕まえるのは

静かに  よく感じなければ見つかりません

 

人も同じ

目に写ることではなくても

 

根を張って力を蓄える時

芽を出して  豊かな循環を繰り返す時期

 

各々が  皆違う《その時》を

迎えているのだと思います

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ある日  顔を上げて周りを見回すと

陽射しが温かく感じて

自然の彩りが増してきて

季節が移り行くのに気がつく時があります

 

周りの世界が輝いて見えること

自分が小さく見えること

ありませんか?

 

つい  隣の人や誰かに訪れる恵みに

自分に無いものを  見つけたくなる…。

 

そんなこと・・・あるのです

 

それが  自分の世界には

全く関係ないことなのを 気付けずに

 

そして気付いても  気になって

 

自分の《その時》が

見えなくなってしまいます

 

自分に繋がることに慣れないで

いつも基準は

外側の他のものへ向かいます

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

思考は  一つではないのです

今の回路に  いくらでも

別の道を繋げることができるのですから

 

今まで慣れた  外側に求める思考の癖に

自分の可能性を探す思考

自分の今を感じる感覚をプラスして

変えていくだけ

 

春には春のことをして…。

それが本当に 

あなたの心の中の奥底の

《春》の訪れならば素敵です

 

人の世界は  宇宙の中では

ほんの一部にすぎません

 

けれど  心の中の

あなたの世界の可能性は

無限大∞

 

《その時》は

自分になら  分かります

 

あなたの今は 

止まる時?

動く時?

感じる時?

etc.

 

その時を恵まれたのは

あなたです

 

この世界の片隅で

太陽の光を浴びて

あなたの幸せをお祈りします

mary

あなたへの手紙✨開いた扉


f:id:hinatamary1113:20200227105200j:image

始まりは…。

物事が始まる時 

大きなエネルギーが動き出します


人一人の想いとか  力では

説明できない大きな何かが 

流れのようなものを生み出して

扉を開く…。

そんなことがあるような気がします

 

私が感じて  経験するのは

目の前の現象が  次々に繋がって

 

一つのことから  どうしても離れられない

引力のようなものに捕まってしまうこと

 

終わらせようとしたり 

手放そうとしても

離れられない

 

それだけではなく

きっかけやチャンスに恵まれて

想像もできなかった世界へと

導かれるようなことが起こります

 

もしかして  望んでいた…。

 

自分では気付かない  心の底で

本当は望んでいることだったから…?

 

・・・そうかもしれない  けれど

自己の私惑などとは  少し違う

説明できない感覚を

感じることがあるのです

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

そんな時の鉄則は…。

『抗わず流れに乗ってみる』こと

 

そうすることで  心や身体が緩んで

楽になるような気がするのです

 

いいえ  逆かもしれません

 

心や身体を緩めたら  力が抜けて

流れに乗れる?💦ように

なるのかもしれません

 

自分で何とかしようとする力を

少しの間止めてみます

 

思考も止めて  様子を見たら 

それまでと違ったことに気付きます

 

それは  息を止めていられるくらいの

短い時間

それとも  一月  一年という

長めの時間  かもしれません

 

暫くすると

物事を終わらせようとしたり 

手放そうとしていたのは

 

自分の思い通りに

コントロールしようとしていた…?

そんなことに気付くのです

 

 

全てが揃っていて

後は  自分が

一歩  踏み出す決断をするだけ

 

それでも心の中で  何かが邪魔をして 

どうしても

自分が始まりを拒もうとしてしまうなら

 

そんな時

《拒もうとする力》を一旦止めて

流れのままに任せます

 

そして目の前に  開き始めた扉を

通り抜けてみるのです

 

扉を通ったその先に  何が有るかは

あまり問題ではありません

 

通り抜けた自分が存在する

その事が  一番大事なことなのだ

そう  思うようになりました

 

 

初めてのことや

予想していなかったことが始まる時には 

どうしたらよいか迷うかもしれません

 

そんな時  深呼吸して

自分の周りを見てください

 

そして  もし目の前の

扉が開いてることに気付いたら…。

 

丁寧に自分の心に

向き合ってみてください

 

冷たい風の吹き抜ける  大地の上で

あなたの幸せをお祈りします

etc.

あなたへの手紙✨目標は…。


f:id:hinatamary1113:20200226055046j:image

何かを始める時  

行く先を決めて

『さぁ  動きだそう。』

そんな自分を見つける時

 

・・・そこには 

情熱しかないような気がします。

 

そして  上手くいっても 

いかなくても  夢中になって

一つのことに向かいます。

 

目標にピントを合わせて

ハッキリ見えるように距離を測って 

後は  近づく為に

出きることをやっていくだけ…。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

例えば

この世界の何億という人の中から

たった一人の  自分という存在を

見つけ合うには…。

 

どうしたら良いのでしょう

 

無理して飾って背伸びしたり

気を遣って頑張ったりしていたら

 

真実(ほんとう)の自分を見つけては

貰えないかもしれません

 

リラックスして

自分に似合う色の服を着て

 

活き活きした印象を助けて貰ったら

輝いて  見つかり易くなる?

かもしれません

 

 

・・・だとしたら

自分の力を隠していたら

見つけては貰えないかもしれないのです

 

全てを変えることはないけれど

 

自信を持てるように

工夫するだけで 

ずいぶん印象は変わるような気がします

 

有りの侭で…。

それは  何もしないこととは

少し違う

自分を元気にすることや

力を抜いて  偽らずに居ることです

 

 

出逢いは突然に…。

何処で始まるか分かりません

 

心も身体も  柔らかくして

 

もし出逢えたら  怖がらないで

楽しめたら素敵です

 

生きている時間は

永遠ではありません

 

生きている間にできることは

限られているのです

 

今より少し  楽しい方へ

 

それは  自分を喜ばせることを

見つけていく  始まりです

 

この同じ世界の片隅で

あなたの幸せをお祈りします

mary

あなたへの手紙✨訪れた季節の中で…。


f:id:hinatamary1113:20200224223936j:image

生きる力

生き物は  大地と響き合って

今  何時なのかを

感じるのかもしれません

 

草木が芽吹き  花が咲き

命の輝きそのままに  煌めいて

次々に  共鳴していきます

 

大地の上の冷たさと

南から来た春一番が混ざり合い

空気の流れが変わります

 

渦巻くように

勢いを増しながら流れていって

誰かや  何かの許へ報せにいきます

 

『・・・春ですよ。目を覚まして』

そして  一日一日

春は鮮やかに 

彩りを増していきます

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

 

季節の流れ

寒い季節には  動きが止まって

死んだように見えていたものさえ

 

息を吹き替えし

明るい陽射しの中で動き始めます

 

生き物の体内時計

 

止まった間に  たっぷり休養して

蓄えたエネルギーを

違う形に変換して  放出していく…感じ

 

きっと  誰もがみんな

感じているのかもしれません

 

ただ  忘れているだけ

 

仕舞い込んでしまった感覚が

鈍くなっているだけ

 

毎日が忙し過ぎて

見ないようにしているだけ

そんなこと  あるかもしれません

 

人の外見は  季節が移り変わっても

植物のように目に映る

変化を見ることはありません

 

芽吹くことも

咲かせる花も無いのです

 

でも  敏感に周りの命と共鳴したら

目に映りはしないけど 

心の中に  身体の動きに

変化を覚えるかもしれません

 

空の色の違い  雲の形  星の光

一歩外へ出てみたら 

驚く程 

昨日と違っていることが見つかります 

 

気付いてください

そして見つけてください

 

風の匂い

鳥の声

草木の気配

 

心に響き渡る音色となって 

春の振動を伝えています

 

摘み草をして 

命を分けて貰ったり

お花見をして

目を楽しませて貰ったら

 

未だ  始まったばかりの

春からの贈り物

 

受け取れるかもしれません

 

花曇りの空の下

あなたの幸せをお祈りします

mary

あなたへの手紙✨真実(ほんとう)の答え

 


f:id:hinatamary1113:20200224003547j:image

返事

誰かに話しかけられて  

よく分からないのに  頷くことがありました

 

その場の雰囲気を壊したくなくて

嫌な顔ができずに  頷くことがありました

 

・・・そんなの 

社会人だったら当たり前でしょう?

 

でも…。

そうしていたら  身体を壊してしまいます

 

自分が壊れていくのです

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

自分が思っているのと  反対のことをしたら

真実の姿とは   違う自分が生まれてしまう

 

ずっと続けていくと

真実ではない自分の方が 

力を持って 

 

真実の自分が 

どんどん小さくなってしまいます

 

そうしていると  

自分が  何者か分からなくなって

思い出せないことばかり

 

例えば 

好きなこと 

好きな場所

 

ワクワクしたり

楽しいことが何なのか

忘れ去られてしまうのです

 

・・・そうでなかったら  いいのです

 

真実の自分が  心の中にちゃんと居て

周りで何が起きたとしても

 

自分で楽しいことを探せるから…。

 

上手くいかない時だって

自分の全部を否定して 

 

信じることができなくなったりしないから

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

心から安心できるには

真実の自分を  知ることから始めていきます

 

自分の意志を捨てないで 

大切にする方法を探していきます

 

何処にでも 

真実の自分を生み出していく

そう  決めます

 

いつでも 

誰かに合わせて返事をしたり

分からないのに

分かっているような顔をして

 

頷くのを止めるだけ

 

それだけなのに  

少し元気になる気がします

 

自分の気持ちを知っていますか?

 

今  違う自分が

大きくなってしまっていたら

生きるのが  苦しいかもしれません

 

まだ途中…。

練習すれば   真実の自分を

いつも感じられるようになるかもしれない

 

毎日の  小さな真実の積み重ねは

未来への  安らぎに繋がっていく

 

・・・そんな気がするのです

 

春は終わりや始まりの

環境が変化する季節です

 

YESもNOも大切に

うん。とか  ううん。を

簡単に使わずに

真実の  答えを探してください

 

だって  それがあなた

そして  わたしです

 

そうして  何処にでも真実の自分を

生み出していかれますように…。

 

同じ  空の下

あなたの幸せをお祈りします

mary

 

あなたへの手紙✨寂しいときに…。


f:id:hinatamary1113:20200223101022j:image

 

寂しい時に

寂しいままでいるのも悪くはない 

 

次の寂しさに出逢うまで

もう少しだけ  今の寂しさに浸ったら

寂しくなくなるかもしれないから

 

今の寂しさを大切にして

心の奥の  真実の自分と話ができる

最高のチャンスかもしれない

 

『そうか。寂しいのだね。』

そう言って  自分に話しかけてみる

 

忙しい日々の中  

賑やかな程  音がして

誰かや何かが側に居て

 

いつも周りを気遣って

それが当たり前になっていたら

気付けないことがあるかもしれない

 

沢山の人や  何かの中に居て

時間がなくて  自分の心の表面しか

見られなくなっていたら

 

疲れてしまう

固まってしまう

壊れてしまう

etc.かもしれないから

 

 

寂しい時は

寂しさに浸って

 

何故  自分の心の中に

穴が空いたような気がするのか…。

 

何故  何かが足りないような

喪失感が襲ってくるのか

 

何故  こんなに敏感に周りのことを

察知して傷ついてしまうのか

 

いろいろな寂しさと  触れ合ってみる

 

もしかしたら 

二度と遇わない感情かもしれない

 

初めは知らないどうしだから

もっと寂しく感じたり

 

分からないことでイライラしても

 

寂しさは 

自分が嘘をついたり

強がったり

他人のことのように知らん顔しなかったら

 

自分の声を

聞かせてくれるのかもしれない

 

そうやって寂しさを味わってみたら

自分の知らない自分が見えて

『なるほど❗』なんて  嬉しくなる

 

そうか…。

私はこういうところで  寂しさを感じて

寂しさの深いところに沈んでいたのだと

知ることになるから

 

『小さいな。まだまだだな。』なんて

頭を左右にふりながら

溜め息をつくかもしれない

 

 

そうして感じて浸ったら 

次の瞬間

新しい自分になっていく

 

寂しさのお陰で  知らない自分が

自分の中に在るって気付いた途端

もう  違う自分が始まっていく

 

寂しい時間は  決して

辛くないとは言わないけれど…。

 

寂しい時間が  自分を育ててくれること

知って居てほしいから…。

 

 

寂しさが教えてくれた

知らなかった自分のことを見つけたら

 

もう  忙しくても

周りの人が沢山  いても  いなくても

 

寂しい自分をつくらない

 

自分の心の声に   

耳を傾けることを

覚えたから…。

 

寂しい時には

今まで知らなかった  寂しい自分を

知るチャンスかもしれない

 

寂しさを知ったから

その寂しさが  満たされた時の喜びを

一番感じられるかもしれない

 

誰かの寂しさに 

寄り添えるのかもしれない

 

だから  寂しい時は

寂しいままで

ほんの少しでいいから

寂しさに浸って…。

 

心がざわざわした時も

其処に寂しさを感じたら

ちゃんと  寂しさを見つけてください

 

遠くに居ても  あなたの幸せを

お祈りしています

mary

あなたへの手紙✨在るもの…。

 

f:id:hinatamary1113:20200222101743j:image

 

木のように  ただ静かに立ち続けたい 

とか

風のように  何処へでも自由に飛んで行ける

そんな風に  感じてしまうのは

可笑しなことではないかもしれません

 

・・・笑われてしまうでしょうか

けれども  それは 

ふと気付くことなのです

 

幼い日  現実の世界を決められた通りに

他の人と同じように生きるのは

息苦しくて…。

 

あの時には  助けを求めたけど

その手は  助け手と 

なかなか繋がれなかったのです

 

それでも  心は自由で

 

静かに立ち続けることや

空を飛んでいたような感覚を 

自然に思い描いてしまう

 

それは  現実よりも

ずっと実感がありました

 

まるで  知っていることを

思い出しているような感じ

 

子供の頃に  そんな風に感じても

誰とも共有できなかった感覚は

いつの間にか  忘れてしまっていたのです

 

今再び  その感覚を思い出しているのなら

ゆっくり感じられればいい

生きている世界の中で…。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

沢山のことが頭に浮かんでも

言葉にしようとすると

言葉が見つからないのです

 

心や頭に浮かぶものを

言葉へ変換すると 

違うものになるような気がします

 

それなら  時間をかけて  

忘れずに

慣れていけばいいのかもしれません

 

過去の 息苦しさは

言葉にしても  通じなかったけれど

 

今なら変換できるような気がします

 

風に吹かれる木を見てワクワクしたり

空を見上げてウットリしたり

 

そんな一つ一つを  『そうだった。』と

思うだけです

 

それから

ゆっくり  自分のテンポで呼吸すれば

苦しくなくなるのかもしれません

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

持っていたような気がするもの…。

それは  持っていたのかもしれない

 

手にして当たり前だと感じるものは

もしかしたら  有った感覚を

知っているのかもしれないのです

 

でも  それは

知っているだけ

今  在るものではありません

 

今  持っていないのには

何か意味があるのかもしれない…。

 

生きていくのに必要なものは

それほど多くはないのです

 

そして  一生の時間にできることは

限られている…。

 

だから 

目の前に現れたもの

今  手の中に在るものを大切にして

 

それから 

頭の隅に残る感覚も 

否定しないで抱きながら

 

全てが  自分なのだと

受け入れることにしてみます

 

在るものを見失って

本当になくしてしまわないように

今はただ   感じるまま

今日の日を過ごします

 

そして  春一番?のような

強い風が吹き抜ける

この  同じ大地の上に立ち

 

あなたの幸せをお祈りします

mary