あなたへの手紙・日向真理愛

未完成の人生を生きる私が「あなたに会えてよかった。」そう手紙を書きます。

あなたへの手紙✨自然の一部


f:id:hinatamary1113:20210225221917j:image

 

地震*雷*火事*親父

今は聞かなくなってしまったけれど

昔は恐いものを  こんな風に

言葉にしていました

 

今時の父親のイメージは  イクメン

恐さは  優しい強さに変化して

 

今の複雑になった暮らしの中では

もっと恐いものが

できたかもしれません

 

けれど  今も昔も変わらずに

地震も雷も  そして火事も

身近に迫る  人の力の及び難い

恐いものだから…。

 

大地の揺れや 

大雪や

乾いた強風に燃え広がる山林火災

…etc.

 

そんな  自然の大きさを前にして

人の暮らしの危うさ 

儚さを  想うことが増えました

 

いつもいつも怯えて暮らす

必要はないけれど

 

危うくて  儚いからこそ

大事に至らない為の用心…をして

備えることは大切なこと

なのかもしれません

 

火の始末や  扱いも

慣れているように思うけれど

慎重に…。

そんな当たり前なことをする

それだけで  安心していられます

 

そして気持ちが揺れても

大地に深く根を張っている

大樹のように  倒れずに

安定して穏やかにいられたら…。

 

恐いものを  その度に越えられて

より強くなれるかもしれません

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

人は  

たった一人では

強くはなれない…。

 

本当は  弱いから

誰かと共(一緒)に  とか

誰かや何かの為に  とか

支えられ『強くなりたい』そう

思えるのだと思います

 

恐いものに怯えながらも

諦めないで  前を向こうと

思えるようになる気がします

 

・・・例え 今  

誰かが直ぐ隣に居なくても

離れていても

心は共に在るのだと…思うから

 

恐いものが目の前に迫って来て

逃げ出したい時にも

 

喪っていくものの大きさに

崩れ落ちそうになっても

 

心に抱く  大切な存在と

共に  強くいたいと思えてしまう

・・・そんな気がします

 

 

目の前に迫る  火の粉や

雪や  強風や

自然の脅威に晒されても

 

明日は

希望の光が見えますように…。

 

穏やかな眠りを迎えられますように…。

 

自然の一部  小さなものとして

ささやかな希望を見つけ

 

『強く在りたい 』 と  思いながら

 

今日の日を  無事終われる

 

当たり前のようだけれど

穏やかに過ごせる  有難い一日に

心から感謝して

 

空も大地も  人の暮らしも

無事  穏やかでありますように…。

祈っています

 

同じ空の下  この大地の片隅で

あなたの幸せをお祈りします

mary

あなたへの手紙✨楽しい気持ちで


f:id:hinatamary1113:20210219232456j:image

 

楽しい気持ちで何かをすると

仕事が捗ると思うのは

私の感覚だけでしょうか?

 

そして  上手くいく…気がします。

 

自分の気持ち(感情)なのに

いつもいつも楽しくいるのは

意外に難しいことでした

 

自分では  楽しいと

思ってやっていたことなのに

楽しいつもり

楽しくしなければ

楽しい筈…etc.

 

そんな風に思い込もうとしていたと

自然に楽しくなる時や

後からとても疲れたり

モヤモヤしたりすることで

 

・・・『あ~。違うかも』

自分が自分をコントロールして

楽しくしようとしていたことに

気付いてしまいます

 

それは  ちょっとした

違和感なのですが

 

とても大きな大切なことなのでした

 

・・・・・・・・♪・・・・・・・・

 

自分の気持ちを周りの世界の中に

溶け込めるように  

コントロールしなければいられない

 

大人だから…。

 

それも大切なことなのですが

 

そうではない

自然に楽しくいられることも

それと同じくらい大切なことのような

そんな気がします 

 

それは 

誰かに気を使っている時には

分かりにくい

 

みんなと同じようにしていたら

見えにくい

 

自分の気持ちを知ろうとしなければ

感じられないかもしれません

 

今が幸せいっぱいなら

楽しくて仕方ない

それなら大丈夫…。

 

でも  何か変?

そう思ったら

 

そんな時には

自分を大切にしてみると

感じたり  見えたり

分かることもあるかもしれません

 

みんな違う

自分の大切にする仕方…。

 

私は  

いつもより  たっぷり眠ること

ゆっくりお風呂で暖まること

お日様の光に当たること

 

そして  嘘をつかないこと

 

いろいろ  やってみるのです

 

 

暖かい陽射しの中で

あなたの幸せをお祈りします

mary

 

 

 

あなたへの手紙✨木彫りのように


f:id:hinatamary1113:20210218121615j:image

 

木彫りの仏様を彫られる方が

『木の中に在るものを掘り出すのだ』と

仰ったのを聞いたことがあります

 

作品はそうして  ただの木っ端から

埋まっている仏様の真の姿を

見つけて具現化し  掘り出すことで

生まれ出るものなのかもしれません

 

それから  日本画家の千住博氏が

高野山の襖絵を描かれた様子を

NHKの番組で目にした時にも同様に

 

其所に在るものを描き出す

『こう書いてくれ』と  絵が

語りかけてくるのだと仰っていました

 

 

人も一生かけて  自分の中に在る

真実(ほんとう)の姿の自らを

掘り出し続けているのかもしれません 

 

勿論  作品にしようとして

いるのでなく  

ただ  命を燃やしているのですが

 

要らないものを削ぎ落とし

最後には

真実の自分の姿だけになって

 

誰かの心の中に残るのも

そのままだったら嬉しいと思います

 

まだまだ知らないことばかり

 

幾通りもの姿が残って

それがどんな顔をしていても

真実(ほんとう)の自分なら

私として生まれた

甲斐がある気がするのです

 

きっとどんな自分も  精一杯

その瞬間に  やっとたどり着いた

大切な自分だから…。

 

時には影のように

自分だけれど『これ…私?』と

言いたくなる…そんな

過去の日を思い出すだけで

穴があったら入りたいと思う程

恥ずかしいと思うことも

いっぱいやって来たけれど

どれも自分の一部です

 

・・・・・・・***・・・・・・・・

 

自分のことさえ  まだ途中

知らないことばかりなら

 

出逢う人  出逢うこと

全てなど  分かる訳がない…?   

そう  思うようになって 

 

それから

世の中のことも 

真実へ行き着くか

定かではないけれど

 

大きく眼を見開いて  見続けて

 

真実を掘り出し続けるしか術はない

 

見続けて  自分に写すものが

真実と見定められるまで

目を離さずにいる

 

それしかないのかもしれないと

思うようになりました

 

近過ぎてしまうと見え難くなる

 

血を分けた

子供でも

一緒に育った兄弟姉妹も

親だって

 

愛を語り合う恋人や

パートナーも

 

心の通い合う友人や

仕事の話のできる相手でも

 

みんな  日々新しい自分を掘り出して

変わり続けているのだから

 

そうしたら  次に会う

新しい出逢いは  いつも楽しみで

嬉しくなるような気がします

 

                              ***

 

年齢を重ねて  不自由も感じるけれど

ずっとずっと  新しい自分を

掘り出し続けていけるのだから

 

若くても  年齢を重ねていても

今日を過ごして

明日を迎えられるのは

最高のご褒美なのかもしれないですね

 

お陰様で  今日の空を見上げています

 

この空の下の片隅で

あなたの幸せをお祈りします

mary

あなたへの手紙✨光


f:id:hinatamary1113:20210216110408j:image

 

どの空の下も

穏やかな一日でありますように…。

 

                              *

 

自然の変化には

人の疑問の入る余地など

ないのかもしれません

 

起きたことの後に 

ささやかな学びをし

後始末をして 

 

そうした変化の中でも

こうして日常を暮らし

  

生かされていることの奇跡に

感謝の想いでいっぱいになります

 

聖書の記述の中にある  ノアの方舟

発掘されたナウマン像や

恐竜の絶滅etc.

過去の中にも

自然の変動は沢山あって

 

畏れを抱かずにはいられない…。

 

あらゆる出来事が

大小の違いはあっても

日々の中で  自然の大きさを

教えてくれているような気がします

 

                             ***

 

もしかしたら  一人一人

人の行う振る舞いの中にも

より良い方へ向かう 

動き方が  あるのかもしれないと

想うことがあるのです

 

大きな風が吹いたり

大地が動いたり

多くの雨が降ったとしても

 

人の暮らしは日々進化して

自然の変化を やり過ごし

越えられるようになっていく…。

 

けれど  なかなか

自由になることは難しくて 

 

何かに囚われてしまうから…。

 

せめて  心の中には太陽を抱いて

明るく温かく照らされて

安心していられたら…。

 

そうしたら  時々起こる困難を

経験して 目にしても

 

胸の奥にある  

太陽の光が明るく照らして

自分自身も光だったことを

思い出のかもしれません

 

眠っていた意識の種を

目覚めさせてくれるような気がします

 

助け合い  思いやることを

教わらなくても

自然に行っていくことや

 

語り継ぐこと

 

暖かい想いで見守ること

 

無事を祈ることetc.

 

各々の場所で  各々の想いで…。

 

眠っていて気づかなかった

小さな希望の種が

芽を出すかもしれません

 

                                ***

 

同じ空の下  同じ時を

生きている

大きな流れの一滴として

どの雫もかけがえのない命だから

 

大切に  大切にして

 

多くの生き物が  そうであるように

静かに  けれど確かに命を繋いで

 

苦しいことの後には  きっと

心に花が咲くのだと…。

 

どんなに小さなことだとしても

良いことをしたら

花咲き山に  綺麗な花が咲くのだと

忘れずに居られますように…。

 

空から明るい光の零れる

同じ空の下   この大地の片隅で

あなたの幸せをお祈りします

mary

あなたへの手紙✨変化


f:id:hinatamary1113:20210216182814j:image

 

太陽の光が

いつもと少し違っている…?

 

・・・そう感じてから暫く経ちます

 

今日は何度撮っても

大きな白い塊の太陽しか写りません

 

空を見上げるのが大好きで

太陽の光と一緒に青空を

スマホで撮ることも多いのですが

このところ光の変化を実感します

 

白い光や蒼い光が写るのは

太陽の温度が高いのでしょうか…?

・・・いえいえ  それは分かりませんが

 

自然がざわざわして

花粉症のせいだと思っていた

頭がグワングワンするのも

何か  いつもとは違うから…?

なのかもしれません

 

いつもと同じ場所から

同じスマホのレンズを通して見た世界

なのですが…。

同じではないような気がします

 

不思議…(*^-^*)は

 

光だけでなく

 

雲も  風も

ちょっと違う

気がするのです

 

科学的な証明などは全くないので

妄想💦空想💨の域をでませんが…。

 

小さな変化は大きな流れの

前触れであることも…。

 

太陽も風も雲も

それから季節の移り変わりも

 

周りを見回して

変化を感じられるものは

まだまだ  有るのかもしれません

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

経験は

経験した後の世界を強くして

豊かな世界を生み出すのかもしれません

 

経験は

目に見えるものだけではなく

目に見えないものも

変えていくような気がします

 

星の王子様の中で 

狐が王子様に

『大切なことは目に見えない』と

話す場面がありますが

 

見えない世界

・・・愛とか心とか感情etc.

 

固定された形にはおさまらない世界

・・・光や風  磁力や量子etc.は

 

見えないけれど有るもので

形はハッキリしなくても存在します

 

周りの世界も自分自身も

触れ合った瞬間に

影響し合う経験をして

変っていくのかもしれません

 

世界が絶え間なく変化して

美しい姿を見せる  今この時だから

 

目を凝らして見つめて

美しい世界と共に在ることを

止めたくはないのです

 

この美しい世界の片隅で

あなたの幸せをお祈りします

mary

あなたへの手紙✨その向こうに


f:id:hinatamary1113:20210214212021j:image

 

辛いこと  悲しいこと

苦しいこと  悔しいこと

 

生きていると 

様々なことに出逢う度

心が粉々になってしまうような

大きな痛みに出逢います

 

思いがけない突然の困難な状況に

どうしていいか分からずに

立ち竦んでしまうことも…。

 

それでも  生きているから

目の前に現れることに 

ただひたすら

向かうしかなくて

 

体は無理矢理動かされ

心は止まったまま…。

 

言葉にはできないほどの想いが

砕けてしまって  想いの欠片が

心の中に渦巻いて

 

それはそれは  おさまるのに

時間が必要になるかもしれません

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

生きていると

そして人として

 

力の及ばないことに出逢う度

『どうしてだろう…。』『何故?』

そう思ってしまいます

 

そうして何度も理不尽なことや

小さな違和感に襲われて

自分なりの在り方を

見つけるのかもしれません

 

何度も繰り返すうちに

 

生きること

生きていること

生かされていることを

知らされているような気がします

 

心の全てが悲しみで染まり

痛みに泣いて

苦しみにもがいて

辛い日は立ち上がれない

 

そして過去に遇ったことや

過ぎてしまった時を

悔やんだり…。

 

・・・きっと

その時間を過ごしたことで

知る世界があるような気がします

 

雨の降った後に 

草木が潤うことがあるように

 

心が砕けてしまった時にでも

ひたすらに

目の前に現れることに向かったら

 

心が回復した時には

強く豊かな想いに行き着くように

 

生きることを諦めないで

そして

自分自身を諦めないで

目の前ことをやり終えたら

 

広がる世界は

別のものに見えてくるかもしれない…。

 

目の前に夢中になっていると

誰かや何かへ思った何故?も

不思議に消えてしまいます

 

限りある  生きている時間に

生かされていること

生きることを

感じることだけで 

 

精一杯になるからかもしれません

 

生きていられる時間は

それほど長くは無いから

 

想像するのは…。

 

世界が平和であることや

互いに思いやる世界

 

そうでなくても

大好きなこと

楽しいことを思って居られたら

体も元気になっていく気がします

 

想像する世界では

何を思っていても  自由で居られます

 

砕けてしまった心でも

時間はかかっても

少しずつ回復してくれるから

 

辛いこと  悲しいこと

苦しいこと  悔しいことetc.に

囚われないで

 

美しいこと  嬉しいこと

楽しいこと…etc.を

思ってもよいのだと  

自分に伝えられますように…。

 

冷たい雨の降る

同じ空の下

あなたの幸せをお祈りします

mary

あなたへの手紙✨今日の日


f:id:hinatamary1113:20210214033455j:image

 

昨日できなかったことが

できるかもしれない 

 

可能性が一杯の  今日という日

 

きっと  今日の日に持ち越したものは

人によって違うのかもしれない

 

昨日からの宿題は何だったろう…?

 

・・・今日は生きているのだから

まだ  間に合う(*^-^*)

 

  • 寝不足分の睡眠をとること
  • 持ち帰った仕事
  • 誰かのお祝いへの祝福メッセージ
  • 借りていたものを返すこと
  • 先延ばしにしたYESorNOの返事を伝えること…etc.

 

できることを  今日できるなら

幸いなのかもしれない

 

例えば

大切な誰かの隣  笑顔で

『ありがとう』と  伝えること

 

喧嘩した誰かに

『ごめんなさい』と  言うこと

 

大好きな人に

『大好きです』と告白すること

 

愛する人

『あなたに出会えて幸せです』と

真っ直ぐに瞳を見つめ  言えること

 

今日という日に感謝して

『世界が平和でありますように』

そう  祈ることも…。

 

思い浮かんだことは

一つずつ  片付けて…。

 

その為の今日だから

できることを  できるだけ

 

後は  大きな力にお任せして

 

順番は 

やらなかったままになったら

大きく悔いを残す…と思う

そんなこから

 

命は永遠ではないのだから

 

そして  この時出逢う

今できることも

それほど多くはないようだから

 

自分のことも  相手のことも

明日のことは分からない…。

 

だから 

明日に延ばしたらいけないことは 

今日の内に  できるだけやれたら

 

全てのことは

『間に合わなかった』なんて

人の小さな思惑とは  別のところで

時宜に叶っているのかもしれない

 

例え  感情が乗り遅れても

気分が晴れない時にだって

 

心臓は絶え間なく血液を送り出し 

全ては動き続けていく

 

そして  ちゃんと

記憶の中の本棚に記録され

小さな現実を動かす種になって

残っていく…らしいから

 

安心していよう

 

大きな世界の中に

一つ一つ誰かの大切な

一人の人の世界があって

 

誰かの世界と

重なったり離れたりして

 

美しい世界を常に

創造し続けていくのだから

 

例えば  其処で大地が揺れて

空が泣いても …。

 

小さな生き物として 

生きていていることに感謝して

 

それまでの今日の日に

『ありがとう』と  言えたなら

花丸なのかもしれない

 

何をやっても  やらなくても

誰かは誰かの世界を造り

 

何をやるのも  やらないと決めるのも

自分自身の世界を造っているのだと

忘れないで

 

そっと  ずっと

 

今日の日の  雲の無い

青空の下  同じ大地の片隅で

あなたが無事でありますように…。

 

 

 

あなたの幸せをお祈りします

mary