あなたへの手紙・日向真理愛

未完成の人生を生きる私が「あなたに会えてよかった。」そう手紙を書きます。

あなたへの手紙✨愛すること


f:id:hinatamary1113:20190819143757j:image

誰かがわたしを  愛しているか…。

それは分からない。

けれど

誰かをわたしが  愛しているのは

ハッキリと分かります。

 

誰かが  わたしを大好きなのは

分からない。

けれど

誰かを  わたしが大好きなのは

ハッキリと分かります。

 

それは  自分のことだから…。

そして  他の人のことだからです。

 

大好きな相手の人の気持ちが

もし自分から離れていると感じても

自分が大好きな気持ちは

変わるでしょうか…。

 

愛していると

ハッキリ感じられる気持ちを

相手の人に会えないからと

裁ち切ることができるでしょうか…。

 

それはその時  自分の気持ちに

聞いてみなければ分かりません。

 

けれど  相手の人がどれ程変わろうと

自分が愛していると思うこと

自分が大好きだと  感じることは

変わらないような気がします。

 

もっと言ってしまうなら

相手の人の気持ちや変化は

余り関係ないのかもしれません。

 

自分の気持ちが愛を感じるか

大好きなのか

それだけなのかもしれません。

 

人間だから

いつか自分の内に 

愛を感じられなくなって

 

大好きでなくなることも

あるかもしれません。

 

それは 

ただ  自分の気持ちに起きたことです。

 

きっかけは

もしかすると  相手の人かもしれないけれど

愛さないのも  大好きを止めるのも

自分自身が決めることです。

 

本当に一欠片も  愛を感じられなかったら

そっと離れて

互いが幸せに居られるように

祈れたら  幸いです。

 

********************

 

 

愛すること

それはとても  幸せな瞬間です。

 

そんな  愛しい大好きな人が

この人生の内に  一人でも居たら

それは宝物だと思います。

 

例え  今

会うことが叶わなくても

 

例え  今

相手の人に  言葉が囁けなくても

 

今はもう  大好きではなくなって

全く  愛を感じられなかったとしても…。

 

心の奥に

誰かを愛したこと

大好きな人がいたことは

消えることは無いのです。

 

人を愛することのできた人生を

歩んでいることは

とても大きな幸せなのだと思います。

 

 

今までに『大~好き』があったら素敵です。

でも

これからだって『愛している』を

見つけることはできるのです。

 

それは

自分のことだから。

 

注意深く  自分の心を感じたら

いつだって  どこでだって

見つけることはできるのです。

 

わたしは  大好きな人がいます。

わたしには  愛している人がいます。

 

それは  ハッキリ分かります。

だって  自分のことだから…。

 

あなたが  自分の気持ちを

見つけられますように…。

 

曇り空の空の下

あなたの幸せをお祈りします。

mary

あなたへの手紙✨思い出に変わるまで


f:id:hinatamary1113:20190819061759j:image

過去の出来事が 

大きければ大きい程

思い出になるのには  時が要ります。

 

好いことも 

そうでないようなことも…。

 

きっと  今の中に広がって

影響することが沢山起きるから。

 

そして  そこから

立ち去れずに  佇んだり  座り込んだり

しがみついたりしたくなるから。

 

過去に押しやれずに

自分の今に留めてしまうのかもしれません。

 

そんな時間も必要なことを

身に沁みて感じます。

 

それだから  知ったことが

沢山あります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

例えば

身体が元気であることを願うけれど

病院は苦手です。

 

それは  過去に

病院で失ったような気がするものを

感じるからです。

 

今は未だ  自分が

そんな時期なのだと思って

病院や白衣から距離を置けばいい。

 

けれど  必要になる時が来たら

医療と上手に付き合えば

いいのだと思います。

 

 

過去に  当たり前だった家族の形は

時と共に  変化します。

 

それは  一緒にいる時間が

無くなっていくから。

 

会えなくても  各々の健康と幸せを

祈り合うものへ変わります。

 

過去の形でなくても

必要な時に  助け合えたら

心強く居られるような気がします。

 

 

いつか   時が経って

過去の出来事が

今起きていることではないと気付いたら

そこから  思い出になっていく…。

 

目に映る

もう 無い世界

戻れない場所

変わっていく形は

 

そのまま  心の中にしまって

少しずつ大切な宝物になっていきます。

 

時々  そこへいって

宝物を取り出して  懐かしんで

 

自分がいたことや

大切な誰かの姿を抱きしめたら

 

また  歩き出す勇気がでます。

 

それだけで  生きていることが

輝いて見えてきます。

 

 

思い出は

自分の見ている

過去の世界に起きたことです。

 

そして  生きている間

思い出す度

熟成されて  変化します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

思い出に変わるまで…。

 

過去の出来事は 

今の時間に広がります。

 

そして  時に 

今起きている出来事を

見え難くしてしまいます。

 

 

今あることは

今だけに起きることです。

 

明日でなく

昨日でもない

今日在ることは   

今起きているのだと  思います。

 

そして  いつか過去の出来事になって

思い出に変わります。

 

自分のペースで

自分のリズムを刻んで

思い出だと認識していけば

いいような気がします。

 

きっと  どんな道筋を辿っても

今は過去になり

記憶の内に在って

思い出へ変わって行きます。

 

その思い出たちが

人生の豊かさに

なっていくのかもしれません。

 

石畳の道をゆっくり歩きながら

そんなことを考えて

 

あなたが幸せなことを

お祈ります。

mary

あなたへの手紙✨語りかけるもの


f:id:hinatamary1113:20190813214738j:image

繰り返し

頭…心…。

何処かで  ずっと  なり続けるように

同じ言葉や同じことが気になって

繰り返し繰り返し浮かんできます。

 

それは  時々

映像になり

歌になり 

言葉になって 

浮かんできます。

 

思い付いたり 

呼ばれるような気がしたり

繰り返されながら 

 

形が進化するように

次のことになって 

また導いていきます。

 

誰かの名前や  誰かの顔が

何度も繰り返し浮かんできて

 

その人がまた次の人へ繋げてくれて

また  知らない人へ会わせてくれます。

 

場所を訪れる前には  地名が

あちこちに溢れています。

気になる場所や

行かずに居られない場所に出逢います。

 

そして  行ってみると

次の場所へのヒントが

頭の中を  心の中を

クルクルと回り始めます。

 

何時からか始まった

とても恵まれた

プレゼント。

 

だから

大切にして

身体いっぱいに感じて

心いっぱいに広げてみます。

 

ちゃんと  次の場所へ

次のことへ

次の人へ

繋がっていくのです。

 

今に在ることにしっかりとフォーカスして

そのフィールドを満たしたら

その次へ移行します。

 

始まりは  見えない程細い糸だったのに

信じたら  しっかりハッキリ見えてきます。

 

抗わず  否定しないで

軽やかに向かうだけ。

 

あなたの頭に…心には

どんなことが  繰り返されますか?

 

それは自分の事ですか?

それとも  大切な誰かの事ですか?

 

もし  他の誰かの事ならば

それは  大切な誰かに任せてみませんか?

 

そして  自分の声を聞いてみませんか?

 

繰り返し  語りかけられたら

耳を傾けるだけ…。

 

今日は 

何が聞こえて

何が見えるでしょう。

 

楽しみにして。

 

あなたの幸せをお祈りします。

mary

あなたへの手紙✨容貌


f:id:hinatamary1113:20190817084753j:image

 

今は亡き  俳優の樹木希林さんが遺した言葉

『不細工だったのが良かった』

雑誌に紹介していたので

また聞きのまた聞きかもしれず

私の記憶も定かではないけれど…。

 

また…。今日は

《不細工》という言葉に惹かれてしまった。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

容姿というのは 面白いもので

髪の形  顔の感じ  体型  

特徴が際立っているものに目が行く

いや…いきやすい。

 

そこにメガネや服

アクセサリーといったものまでもが付属して

ハッキリと《私》を認識されているのかも

よく分からない。

 

時々  目の前の人は

私を見ているのだろうか…。

以前は  そんなことを感じることも

少なくなかったのだ。

 

 

以前に記述したことが有ったように

私は  双子として  この世界に生まれてきた。

 

それも  容姿のよく似た

一卵性双生児として…。

 

だから  自分を認識

(似ている姉と間違わずに)してくれる

相手への信頼感がとても大きかった

 

外側の容姿は似ていても

内側の性格は全く別のものなのを

幼い頃から強く感じていたから…。

 

今は姉妹でいることも

同じ社会に属することも減ったので

それほどに  自分を意識せずに

自由に居られるのかもしれない。

 

 

さて、不細工。

そう言った樹木希林さんの

真意は分からないけれど

外側の容姿で生きるのは

とても大変なことなのだろう。

 

美しさの在り方にも依るけれど…。

 

この不細工という言葉に詰め込まれた

沢山のこと  沢山の想いが

私の中に流れ込んで

また  宿題を置いていくのだ。

 

『蓼食う虫も好きずき…。』

 

きっと不細工にも色々あるのかもしれない。

 

無理なく自然に

(容姿がどんなものかは別にして)

 

そのままの自分を愛せますように…。

 

あなたの幸せを

快晴の夏空を見上げながら

お祈りします。

mary

あなたへの手紙✨感情

f:id:hinatamary1113:20190815090437j:image
喜怒哀楽

きっと  人だから感じられる

きっと  人だから溺れそうになる…。

 

哀しみが  心の奥に沁みている

喜びが  音をたてて湧き上がる

怒りがふつふつと腹を熱くする

身体が揺れて 

心がほぐれるような  楽しさに包まれる

 

表現や感じ方  深さは違っても

喜怒哀楽を知る人は多いだろう。

 

この(半世紀を越える)年齢になると

そのどれもが  豊かな経験だと感じて

そのどれもに  尊さを感じてしまう

 

********************

 

時が  場所が  全てが

集結された一つの人生を

誰もが  その人として

終わっていく

 

その煌めき

その愛

その力

全ては  

この世界の一部であって

欠けがえのない命なのだ…。

 

 

 

時として

その全てから離れて

心が固く閉ざされて

感情の全てを感じなくなった時

 

人は人の持つ  豊かさとは

違った場所に身を置くのかもしれない

 

 

この世界に身を置いて

呼吸して  身体を動かして

為すべきことを行う為に

崩れ落ちることを防ぐ 

数少ない方法が

無感覚。

 

目に映るものは  全てに色を失って

口にするものは  まるで砂を噛むようで

眠ろうと目を閉じても浮かんでくる

痛みに焼かれる時間が嫌で

身体を使い  頭を使い 

心を動かせるものを探し続ける

 

見つかったものを手掛かりに

小さな発見をして

ただ  その時に身を置いて

 

そこに

喜怒哀楽を感じるセンサーが働くと 

立ち続けられなかった

 

きっと人だから

感情から離れて

大切なものを  守ろうとしていたのだろう

 

・・・いつか時が経ち

固めていた心でなくても

立ち続けられることを

信じられるようになって

 

ある日

本当に  ある時に

目の前に色が戻って

 

その後  暫くして

砂のように感じていた食物から

味を感じられるようになっていった

 

『笑っても大丈夫…。』

そう自分を許すことができて

心地よい場所を

選べるようになっていった

 

そうしたら

自分が嬉しいことが分かっていって

自分を傷つけるものが何かを知って

何に腹を立てていて

心が踊るのはどんなことなのかを

自然に感じられるようになっていった

 

哀しみは  心の奥底に有り続け

いつか分からない時に襲っては来るけれど

もう  固く閉ざさなくても

立ち続けられることを知っているのだ

 

 

喜怒哀楽を感じると

疲れるのは  何故だろう

 

喜怒哀楽を感じると

自分を面白いと思うのは  何故だろう

 

喜怒哀楽を

皆違って感じるのは  何故だろう

 

後どのくらい  喜べるだろう

誰と楽しい時間を過ごせるだろう

 

人だから

生きているから

喜怒哀楽…感情が湧きあがる

 

わたしがわたしとして感じている

ささやかな愛しい感情たち

 

今は  その全てが

愛しくて  堪らない

 

自分の感情を  知っているだろうか

自分の感情を  感じているだろうか

 

自分の感情を  否定しないで

自分の感情を  楽しんでしまったら

この世界全てが  味方に思えてくる

 

人として  生まれて

人と出逢って

人として 

生き抜くことしかないのだから

 

何を感じても  面白がって

味わってしまうだけ

 

感情に  のみこまれないで

感情と共にある

 

自分の内からの感情を

一つ一つ味わえばいい

 

遠い空の下

あなたは  何を感じているだろうか

 

この同じ空の下

あなたが幸せでありますように。

mary

あなたへの手紙✨見える世界


f:id:hinatamary1113:20190815075140j:image

問答

目の前に現れている現状が

何を問いかけているのだろう…。

 

時々  全く分からなくて困惑します。

 

多分それは

いつもの自分の世界とは

離れた世界のことだから

分かりにくいのだと思います。

 

今  自分が暮らしている

山や川  木々に囲まれた場所。

 

開発の進んだ  人の溢れる

ビルに囲まれた 生まれた街。

 

今の自分から離れていけば行くほど

何が起きていて  何を見ているのか

分かりにくくなります。

 

ゆっくりと深呼吸して

目の前に近付いて来た世界に

そっと自分を寄せていきます。

 

そして

限られた時間の中でできることを

一つずつ  やってみます。

 

心の中で  答えを探し続けていたら

いつか  答えが聞こえるかもしれません。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

片付け

物が  身の回りに溢れること  

物が  あるべき場所に片付かない

のは  違うことかもしれません。

 

今  自分の世界に必要なもの 

在るものが  見えなくなると  

外の世界に目が向いていきます。

 

お金さえ有れば

ものは  幾らでも  

自分の世界に  呼び込むことができます。

 

そこで  創造力の出番です。

 

外の世界から

(お店や誰かからのご厚意など)

自分の家や部屋に

そのものを置いたイメージを 

想像します。

 

今の自分の世界に

調和するか  しないかを想像します。

 

調和して  美しければ

家に持ち帰って  大切にします。

 

想像できなかったら

少し考える時間が必要かもしれません。

 

楽しくなったり  自信が持てるなら

家に迎えても大丈夫かもしれません。

 

そして

自分の世界に迎えたら

調和するように  工夫します。

 

そして  もし、

要らなくなったものが目に見えたら

見過ごさないで

使えるものなら  どなたかに差し上げたり

処分する。

・・・大切なことかもしれません。

 

ものが溢れていると

不思議に  考えが纏まらなくなります。

 

そうなる前に

必要なもの  調和がとれるものを

上手に取り入れて

自分の世界を明るくします。

 

生きるのに必要なものは

本当は  少ないのかもしれないから

自分の目で見て  感じてください。

 

同じ空の下

気まぐれなお天気を気にしながら

あなたの幸せを  お祈りします。

mary

あなたへの手紙✨愛のテレパシー

f:id:hinatamary1113:20190811143405j:image

小さな社会

心で繋がって

心を許し   

心を開いて

向き合えるような…。

 

知らん顔するときや

離れても

相手の幸せを祈れるような…。 

 

そんな風に  人と人が

『繋がれたら いい』

そんなことを

思い描くようになりました。

 

今繋がり始めた人

繋がっている人が

初めて会ったばかりなのに

何故か懐かしく感じたり

やっと出逢えたような気がすること

・・・ありませんか?

 

勿論古くからの友人や親戚のように

同じ時間を過ごして来た訳ではありません。

 

それでも

心地よく居られたら  最高に幸せ。

 

 

今まで有った人間関係も  とても大切。

 

だけど  もし今窮屈に感じたり…。

 

頑張りたいのに

自分が固まって動けなくなったり…。

 

今まで当たり前にやって来たことなのに

会う度に自分が元気を無くすような時

 

少しの間  静かに  そっと

 

心を其処から離しても

よいような気がします。

 

時間を他のことに使って

自分が元気に  力を付けたなら

いつか  その場所やその人とふれ合っても

自由に  心を溶きほぐして

自然に有りの侭居られるようになって

また  始められたらいいのです。

 

自分が心から笑って居られる

自分を好きで居られる

そんな

有りの侭の自分で居ても

普通に呼吸できるように

あなたと誰かが

繋がっていけますように…。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『あのねぇ~。…。』そう話し始めた

目の前の人が

自分の描いているイメージを

そのまま口にしたら。

目が点(・・;)に…。なるのです。

 

それは  何の気なしに始まった

他愛ない会話から

 

又は  SNSの投稿から

 

そして  思い付いて出掛けて行った旅先で

 

それは  突然に始まります。

 

余りにも  見えたものが同じだと

本当に言葉を無くし

目が点になるみたいです。

(・・;)

 

キーワードは

『宇宙人』だったり

『マーメイド』だったり

『女神様』だったり

果ては『天変地異』etc.

その時  その時で違います。

 

お~~~✨

始まった。

また…始まった。

そんなことが  誰かから

不思議なタイミングで起こります。

 

そうしたら興味を抱いて

・・・思い切り味わいます。

 

プラネタリウムの星空

寄せては返す  海の波 

鯨を呼ぶ歌姫

雲より高い  山の頂き

 

懐かしくて  切ないような

沢山のプレゼントを

大切に受けとります。

 

そして  その心のふるえを伝えて

他の誰かと繋がれたら素敵です。

 

体験したこと

面白かったこと

気持ちが温められたことetc.

 

伝え合って

繋がり合えたら  それを

幸せと呼ぶのかもしれません。

 

 

互いの幸せを祈り合う。

・・・それは愛  以外の

何ものでもありません。

 

そんな風に

誰かと出逢えますように…。

繋がれますように…。

 

そして遠くに居ても

心と心の繋がった  確かな

見えないコミニティーを創れますように…。

 

同じ大地の上から

あなたの幸せを  お祈りします。

mary